1. 夫婦そろって泣き笑い
  2. グルメとレシピ
  3. 今日の晩ご飯/レンチン温泉卵でボリュームアップ!「冷やしうどん」と、乾燥野菜でシャキシャキ「きんぴらごぼう」
 2016年03月26日(Sat)

icon 今日の晩ご飯/レンチン温泉卵でボリュームアップ!「冷やしうどん」と、乾燥野菜でシャキシャキ「きんぴらごぼう」


 
頑張って更新しています。皆様の応援よろしくお願いします。
 
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
 
 
 
point iconpoint iconスポンサードリンク


今日は久々に私とYと次女の3人で晩御飯。
チャチャッと作って、サッと出して、パッと食べれるメニューは無い?と、Yに相談してみました。
640_k160326 (5).JPG

Y 「はぁ〜!? それ作れって言ってるでしょ!」
K 「相談してるんですよ?作ってくれるの?(ニヤリ)」
Y 「ハイハイ・・・。」

そして、Yが次女に「うどんかパスタどっちが良い?」と聞いたところ、

「うどん!」

・・・即答です。まぁ聞くまでも無く、真冬でも冷やしうどんをペロッっと食べてしまう程うどんが大好物の次女ですからね。もう既にテンション上がり気味です。(笑)

うどんだけだと栄養も足らないので、電子レンジですぐ出来るレンチン温泉卵を乗せてみました。
レンジ卵は簡単なので、次女にお任せ。

レンチン温泉卵のレシピ ⇒ 忙しい朝に1分!電子レンジで作る「レンチン温泉卵」が簡単便利!

Yは冷蔵庫を物色しながら何やらゴソゴソしているので、結局うどんを茹でさせられる私。
640_k160326 (4).JPG

その間にYは、うどんのつけダレを作っていました。
左 → 塩だれ(鰹出汁と塩を合わせたもの)
中央 → 普通の麺つゆ
右 → トマトだれ(トマトジュースにケチャップ・みじん切りの玉ねぎ・バジル粉他を合わせて味付けたもの)
640_k160326 (7).JPG

Y 「これなら味バリエが楽しめるでしょ?」

つけだれの準備が終わったので、うどんはYにバトンタッチ。
私は乾燥野菜できんぴらごぼうを作ります。

point iconpoint icon乾燥野菜でシャキシャキ「きんぴらごぼう」

ごぼう・人参・れんこんのミックス乾燥野菜を使っています。時間の無い時には便利です。
640_k160326 (6).JPG

point iconpoint icon乾燥野菜でシャキシャキ「きんぴらごぼう」 用意する材料&作り方

  • 乾燥野菜ミックス  50g
  • 酒  大さじ2
  • 醬油  大さじ1.5
  • みりん  大さじ1
  • 砂糖  小さじ2
  • 輪切り唐辛子  適量
  • 胡麻油  大さじ1
  • 炒り胡麻  大さじ1

(1) 乾燥野菜は熱湯に10~15分程度浸して戻し、あとはザルに上げておきます。
640_k160326 (1).JPG

(2) フライパンを熱して胡麻油を引き、輪切り唐辛子を炒めます。
(3) (1)の水気を切った乾燥野菜を入れて炒めます。火が通ってしんなりしてきたら酒と砂糖を加えて炒めます。
640_k160326 (2).JPG

(4) 馴染んできたら、醬油とみりんを加えて混ぜ、味を絡ませながら煮ます。
(5) 最後に炒り胡麻を振り掛けたら出来上がり。
640_k160326 (3).JPG


point iconpoint iconレンチン温泉卵でボリュームアップ!「冷やしうどん」と、乾燥野菜でシャキシャキ「きんぴらごぼう」

3種のつけだれ楽しみ! では、いただきま〜す!
640_k160326 (8).JPG


今日も美味しく頂きました。
ご・ち・そ・う・さ・ま !

美味しそうに思えたら下ボタン↓をポチッて応援して下さいまし。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ


にほんブログ村


point iconpoint iconスポンサードリンク


もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有して下さい!
【グルメとレシピの最新記事】
posted by Y&K at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメとレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


スポンサードリンク



 
Copyright © 2015-2016 Married couple smiles tearfully together All Rights Reserved.